« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

11月14日開催 チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロコーチ・福島規久夫のコーチングのお問い合わせは、
fukushima@success-cs.com
までお気軽にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
こんにちは
プロ・コーチの福島規久夫です。

東京は台風の影響で雨風が強かったですね。
15:00新幹線に乗って大阪に来ましたが、
こちらでは雨も止んでいました。
途中、新幹線の窓から見えた西の空の夕日が
とてもきれいでした。
 
今日は来月開催するチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム
の案内をさせてください。
今回は、コーチ仲間である塩谷浩司さん(ジーコ)が
主催する「寺子屋コーチング」とのコラボでの開催と
なりました。

まだ、このシンポジウムに触れていない方、
環境問題には興味があるけどどこから手をつけて
いいかわからない方、
この機会にぜひどうぞ!

以下、ジーコから発信された案内文を添付しますので、
お申し込みは以下からお願いします。
 
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   

こんにちは。塩谷です。
今日は寺子屋コーチングのご案内をさせてください。

今回のテーマは、「環境問題についてみんなでできること」を
丸1日考えたいと思います。
鳩山首相が国連で「温室効果ガス25%削減」を表明したのは
衝撃的でしたね!
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090922/plc0909222334014-n1.htm
ただ経済界は、コストがかかるため消極的な反応を示してます。

塩谷は、12月にECO検定を受けることにしました。
その中で気に入っている環境保全の標語があります。

「Think Globally. Act Locally.]

今回は、「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」ファシリテーターの福島 規久夫さんと
寺子屋のコラボ企画です。
福島規久夫さんは、塩谷が尊敬する素晴しいコーチでもあります。

以前、塩谷はこのシンポジウムに参加して、
まるでアル・ゴア元副大統領の「不都合の真実」の世界にいるような
錯覚を起こしました。

皆さんで問いを共有し、25%削減を目指しましょう!

*◆*━*◇*━*◆*━*◇*━*◆*━*◇*━*◆*━*◇*━*◆*━*◇*

        【チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム】へのお誘い

                 2009.11.14(土)

*◆*━*◇*━*◆*━*◇*━*◆*━*◇*━*◆*━*◇*━*◆*━*◇*


地球温暖化を含む環境の破壊はとどまるところを知らず、貧富の格差は
ますます広がり、生きづらさから精神的に追い詰められていく人たちの
数は洋の東西を問わず日に日に増えています。

このような未曾有の試練に直面し、多くの人は次のような問いを
日々自問しているのではないでしょうか?

「いったい、何が今世界で起きているのか?」
「そもそも、どうしてこんなことになってしまったのか?」
「これから、どんな可能性があり得るのか?」
「そのために、どこから始めればいいのか?」

【チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム】は、
これらの問いに対して、答えを提供するというよりも、様々な科学的データ、
各界の著名人や専門家に対するインタビュー、心に残る映像、そして
これらの情報をより深く体感するための演習などを通じて、一人ひとりが
深く考え、自分なりの答えを見つけていただくきっかけを提供するための
参加体験型プログラムです。

このプログラムはPachamama Allianceという、アメリカのNPO法人が
南米アマゾンで昔ながらの伝統的な暮らしを守り続けている原住民からの
呼びかけに応える形で開発したもので、今かなりの勢いで世界に広がりつつ
あるものです。

ぜひこの機会に、上記の問いについてご一緒に考えてみませんか?

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆☆☆

■日時:2009年11月14日(土)9:30開場 10:00開始 17:00終了

   ※内容が盛り沢山なため、時間厳守でお願いいたします。
   また、途中参加・途中退出は原則的にお断りしております
   ので、あらかじめご了承ください。

■会場:セシオン杉並 第5集会室
      (杉並区梅里1-22-32) 
■地図:https://www.yoyaku.city.suginami.tokyo.jp/HTML/0030.htm

■交通:地下鉄 丸の内線「東高円寺」駅より徒歩5分


■定員:25名
    ※定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。

■参加費:3,000円(特別価格・当日、現地にてお支払い)

■お申込み:塩谷まで返信ください。(koji-shioya@joy.hi-ho.ne.jp)
             
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆☆☆

■The Pachamama Allianceとは

アメリカ・サンフランシスコに本部を置くNPO法人で、「持続可能かつ公正な
世界の実現」というビジョンを掲げ、様々な慈善事業を展開。
開発した【チェンジ・ザ・ ドリーム シンポジウム】は現在、北南米・ヨーロッ
パ・ オセアニア・アジア・アフリカなど世界中で提供されている。
http://pachamama.org/  (英語)
http://awakeningthedreamer.org/  (英語)

シンポジウムの雰囲気が伝わってくる予告編(Trailer)は以下のサイトで
見ることができます。
http://awakeningthedreamer.org/content/view/115/135

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆☆☆

■ファシリテーター:福島規久夫(ふくしまきくお)

大学卒業後、商社・外資系銀行に勤務。
2004年より、幸せに成功できる人と組織と世の中の輪の拡大をヴィジョンに
持ちコーチングを展開する。
また、研修トレーナーとして外資系企業、本邦大手企業を中心に、コーチング、
コミュニケーション、リーダーシップ等の研修を行う。

(財)生涯学習開発財団認定 マスター・コーチ
国際コーチ連盟 プロフェッショナル認定コーチ

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆☆☆
 
 
 
 
 
では
明日もご機嫌な1日を!
 
 

 
 
 
 
 
 
 
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポジティブな選択

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロコーチ・福島規久夫のコーチングのお問い合わせは、
fukushima@success-cs.com
までお気軽にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
こんにちは
プロ・コーチの福島規久夫です。

今日は東京ではめっきりと寒くなりました。
みなさんは衣替えはもう済ましていますか?
 
意識的に選択をしていくときにどんなことに気をつけると
よいのでしょうか。
ひとつはポジティブ思考であるほうが良いかもしれません。
ただし、世の中には超スーパー・ポジティブな人もますが、
みんながみんなそうなればよいというわけではありません。
自分にフィットするポジティブな思考を選択していけば
良いのではないでしょうか。
 
選択するときに、選択肢を増やすと選びやすくなる
かもしれませんね。
「これかこれ」の2者択一でなくて、
「これとこれとこれ」といったように選択肢を3つ以上に
増やしてみるところからはじめてみてはどうでしょうか。
 
それと、ネガティブな人の集まりには近寄らない
ようにするのも良い方法です。
また、同じように自分の中にあるネガティブな感情に
いつも付き合ってくれる人には距離を置いたほうが
良いかもしれないですね。
 
ネガティブな感情に共感してくれる人はある意味
ありがたい存在ではあるのですが、いつもいつも
そうしてもらうことは良い選択をするのに悪い
影響を与えられる可能性があります。
 
ネガティブな感情もポジティブに変換し、
自分の責任として行動できるような後押しを
してくれるような人のなかでいることで、
自分にとって良い性選択をするチャンスが
広がることでしょう。
 
 
 
 
 
では
明日もご機嫌な1日を!
 
 

 
 
 
 
 
 
 
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選択を意識する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロコーチ・福島規久夫のコーチングのお問い合わせは、
fukushima@success-cs.com
までお気軽にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
こんにちは
プロ・コーチの福島規久夫です。
 
自分が選択しているんだということを意識するようになってから
ぼくの人生は変化してきたような気がします。
自分の人生を自分の選んだ言葉や思考、行動で歩いて
いるとき自己責任というフィルターを通して世の中が
見えてきます。
 
とはいえ、まだまだできないことがたくさんあります。
どこかで他人を責めてみたり、自分が被害者であるような
感覚を持つようなこともあるのです。
「自分の小さな箱から脱出する方法」という本を読んだことは
あるでしょうか?
箱の中に入っている自分にいる自分に気がついてしまいます。
 
自分ができないようなこともできるかのようにふるまい、
必要以上に重い負担を負いながら生きている部分もあります。
張りぼてを自分の身につけて、歩いているような感じです。
 
でもそんな自分に気がつくことができたのも、選択を意識する
ようになってからだと思います。
できないこともありますが、少しでもできるようになったことを
自分で認めてあげたいです。
 
今週末もご機嫌であることを選択します。
 
 
 
では
明日もご機嫌な1日を!
 
 

 
 
 
 
 
 
 
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2万回の選択

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロコーチ・福島規久夫のコーチングのお問い合わせは、
fukushima@success-cs.com
までお気軽にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
こんにちは
プロ・コーチの福島規久夫です。
 
流れ星は見えましたか?
東の空を見ているオリオン座流星群を見ることができると
報道されていたので、夜空を見上げていたのですが、
残念ながら流れ星に願いをかけるチャンスには遭遇
できませんでした。
 
行動経済学の研究でノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネルマン氏に
よ寄れば、人は寝ている時間を除いて、1日に2万回の瞬間を経験しているそうです。

ということは、2万回の選択をするチャンスに恵まれているということができる
のかもしれません。僕たちはいったいこの2万回のチャンスのうち何回くらい
意識的に選択をしているのでしょうか。
 
おそらく2万回のうちの大部分は無意識のうちに行動しているのでしょう。
意識的に選択をして行動している割合いは実はものすごく少ないのかも
しれません。この少ない割合を少しずつでも増やしていけば、
人生トータルで考えれば自分の人生を自分で選択していける割合が
増えることになりますよね。
 
何を選択しているかで、人生の見え方も変わってくることでしょう。
雨が降っているのを見て、憂鬱な気分を選ぶこともできます。
部下の成長に気がついたときに、声を掛けないことも一声掛けることも選択できます。
仕事で失敗して落ち込むことも、これもひとつの勉強と捉えることもできます。
 
今日あなたがご機嫌な1日を過ごせたのなら、ご機嫌であることをあなた自身が
選択したのでしょう。もし、不機嫌な1日であったとしたら、それはまわりの誰かや、
職場の環境や、過去の出来事のせいでもなく、あなたが不機嫌であることを
選んだのでしょうね。
 
 
 
Have a Nice Day or not, It’s Your Choice!
 
 
  
明日あなた何を選択しますか?
 
  
 
 
 
では
明日もご機嫌な1日を!
 
 
 
追記
今日は誕生日でした。
一緒に楽しく夕飯をしてくれた、妻と2人の娘たちに感謝です。
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満月の夜に

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロコーチ・福島規久夫のコーチングのお問い合わせは、
fukushima@success-cs.com
までお気軽にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
こんにちは
プロ・コーチの福島規久夫です。
 
明日からの仕事のために長野県の上諏訪に来ています。
上諏訪の夜は東京に比べかなりひんやりとしていますが、
晴れた夜空にきれいな満月とたくさんの星が見えて
とてもきれいです。
 
月を見ていていつの時代のころから人はあの月に
辿り着きたいと思うようになったのかと思いました。
たぶん太古の人も、江戸時代に暮らしていた人も
「月に行ってみたいなぁ」なんて思った人が
いたことでしょう。
 
現代人も月に行きたいという願望から始まりそれを実現する
ことができたのですが、同じ願望を持っていてもそれを
実現可能としたのは何が決めてとなったのでしょうか。
 
おそらくは科学技術の発達が可能ならしめたのでしょう。
では科学技術などを含めた外部環境が整わない限り
願望というものは実現しないものなのでしょうか。
 
現代社会に生きる私たちが現時点では到底不可能と
思われるような願望・願い・希望を持つことは無意味な
ことなのでしょうか。
 
人が可能性の枠にとらわれない強い願いを持つことが
その人にとってどのような意味があることなのかを
皆さんにも考えていただきたいと思います。

僕は枠を超えた可能性を願うことをあきらめません。
 
 
 

すべての人が今この瞬間を幸せだと感じる
世の中にしたい…
 
 
 
では
明日もご機嫌な1日を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »