« ビジョンを描く | トップページ | Never give up! »

ビジョンを描く - 2

何かを心から手に入れたい、こんなことを本当に実現したい、あんな風に絶対になりたいというような願望を鮮明に描くことができれば、人はそこに向けて行動を起こしやすくなります。

その願いを描くには、どの人の内側にある2つのそうぞうりょく(想像力&創造力、イマジネーション&クリエイティビティー)をフルに活用する必要があります。

ただ、そのそうぞうりょくたちは、
「これは無理だろうな」
「できるはずがない」
「何をやっても無駄だ」
といった自分の心の中でのつぶやきや、誰かからの拒否や否定という壁にぶち当たるとしぼんでしまうことがあります。

つぶやきや壁は個人の内側だけにあるものではなく、チームや組織の中に生まれることもあります。「どうせ」や「無理」といった言葉が口癖の人や組織に活力を感じられないイメージが私の中にはあるのですが、これは生まれながらに与えられた2つのそうぞうりょくを活かせていない所から発生するのではないかと考えています。

「どうせ」や「無理」を取っ払って、想像力と創造力をフル稼働させて実現したい姿や、ありたい姿を描いてみませんか。描けたら、もしくは描いている途中でもそれを頭の中にしまっておくのではなく、誰かに向かって話してください。
(話す相手は、否定、非難、拒否しない人を選んでくださいね。)

一度描いたらおしまいではなく、何度も繰り返し描き、語り続けることでその絵は鮮明になっていきます。鮮明になればなるほどそこに向けて動きやすくなります。自分が語るだけでなく、誰かが話すのを「聴く」ことでその人の行動を支援することもできるはずです。

もし、このコラムを読んで自分の2つのそうぞうりょくに蓋をしていることに気づいた方がいらしたら、ぜひ解き放してみてはいかがでしょうか。

では、今日もご機嫌な1日を!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロコーチ・福島規久夫のコーチングのお問い合わせは、
fukushima@success-cs.com
までお気軽にどうぞ。

☆☆ 10月スタートのクライアント様2名のみ募集します ☆☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

|

« ビジョンを描く | トップページ | Never give up! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジョンを描く - 2:

« ビジョンを描く | トップページ | Never give up! »