« Never give up! | トップページ | ありがとうございます! »

Dialogue in the Dark

こんにちは
プロ・コーチの福島規久夫です。

Dialogue in the Dark に行って来ました。
http://www.dialoginthedark.com/

まったく何も見えない、真っ暗闇の中で過ごす時間。

対話をするとき、目の前にいる相手と、相手に目を向けて、
目に見える情報をもとに進めていた自分がいたことに気がつきました。

視覚から得られる情報量の多さは、暗闇で対話をしたことで
これほど多いものだったのかと気づかされたわけです。

人と向かい合い、世の中と向かい合えば、どうしても
自分の見たいように見ています。

視覚を遮断されたことで、今この瞬間に「感じる」ことを
頼りとしてコミュニケーションを交わし始めます。

先入観や思い込みを手放し、「いま・ここ」を感じながらの
対話は「あなたをもっと知りたい」「私はあなたに伝えたい」
という気持ちをより強く持たせてくれました。

とても面白い体験でした。
コーチとしてのあり方に影響を受けました。

ぜひみなさんにお勧めしたいエンターテイメントです。

「思い込みというフィルターをはずしたら何が聞こえてきますか?」


 
では
今週もご機嫌な日々を!
 
 

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロコーチ・福島規久夫のコーチングのお問い合わせは、
fukushima@success-cs.com
までお気軽にどうぞ。

☆☆ 10月スタートのクライアント様1名のみ募集します ☆☆
☆☆ 11月スタートのクライアント様3名のみ募集します ☆☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

 
 
 
 
 
  
 

|

« Never give up! | トップページ | ありがとうございます! »

コメント

こんにちは。B12でお世話になりましたNKです。ふと思いついて検索してみたらこのブログに行き当たりました!
Dialogue in the Dark おもしろそうですね。
日頃使っている感覚の1つを遮断してみると、他の感覚が活性化する、と同時に、その遮断された感覚のありがたさに気づき、感謝の念もわいてくるものなのかもしれませんね。
部分を感じ、その後で全体を感じると、これまで気がつかなかった新しい感覚にも気づくのではないかな、と思いました。

投稿: thinkingcat | 2010年10月13日 (水) 08時19分

thinkingcatさま
コメント、ありがとうございました。
暗闇の中では全体を感じようと思ったのですが、どうしても部分、部分となってしまいました。全体像を掴む努力はいつもしているつもりなんですが、いざとなると…もし機会があればDialogue in the Dark に遊びに行ってみてください。

投稿: fukushima | 2010年10月13日 (水) 21時50分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dialogue in the Dark:

« Never give up! | トップページ | ありがとうございます! »