コーチング

英語コーチング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロコーチ・福島規久夫のコーチングのお問い合わせは、
fukushima@success-cs.com
までお気軽にどうぞ。

☆☆ 9月スタートのクライアント様3名のみ募集します ☆☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
こんにちは
プロ・コーチの福島規久夫です。

毎日暑いですね。
この暑さを地球環境のため、そして自分自身のためにどうしたら
エネルギー転換できるのでしょうかね。

クライアントさんに英語を勉強したいという方がいて、ぼくもそれに刺激を受けて
英語の勉強を再開し始めました。

英語を勉強したいとは思っても、ではどうやってやるかという段になると
なかなか一歩目を踏み出しにくくなるもの。
ぼくの場合はすぐに「英語コーチ」の新宅美樹コーチを思い出し
相談させてもらいました。

新宅コーチはただ英語がネイティブのように上手ということだけではなく、
コーチングの手法を活用しながら、英語学習を習慣化できるようになる
ためのサポートをしてもらえるとのこと。

どれくらい上達した以下という目標設定に当たり、まずは現在地は
どこなのかを知るということとで、市販のTOEICテストを使って
テストを受けてみました。

ガ~ン!結果は20年前に比べて200点も落ちていました。
ICFのカンファレンスでKey Noteを聞いていも良くわからないなぁと
思ってはいましたが、こんなにできないとは…

現在地がはっきりわかったことで、目指すゴールも明確になりました。
20年前のレベルに戻します。期間は年末まで!

普段の生活の中で英語学習に費やす時間の割合がかなり増える
ことになりそうですが、頑張ろっと!


 
では
今週もご機嫌な日々を!
 
 

 
 
 
 
 
 
 
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーチをつける

こんにちは

プロ・コーチの福島規久夫です。

 

石川遼君は残念ながら予選突破できませんでしたね。

ぼくには、遼君のスイングの方がタイガーより綺麗に見えたんですが

皆さんにはどう見えたでしょうか。

 

遼君にはプレゼンテーションのコーチ,英語のコーチetcゴルフだけ

でなくいろんなコーチがついているとは思いますが、

それにしても彼の「大人な」言動はとても立派ですね。

 

さてさて、ぼく自身がゴルフが上足した鍵はなんだったか

という話しの続きですが、その鍵は…

 

「コーチをつけた」ということです。

  

コーチをつけたことで、自分の理想としていたところ

目指していたところに辿り着くのに最短距離・最短時間で

到着できたと思います。

 

自分がやりたいと思っていることがちゃんとできているか

どうかを客観的に観てもらえる人がいることは

非常に大きなプラスとなりました。

 

自分ではできていると思っている、ゴールに近づいている

と思っても、それをフィードバックしてくれる人がいると

いないとでは大きな違いがありました。

 

結果としてゴルフのオフィシャルハンディは4まで行くことが

できたのですが、もっと早い時期にコーチをつけていたら

別の結果が出ていたかもしれません。

 

コーチをつけることで発生するフィーは、つけないでいた頃に

費やした時間とお金に比べてみれば比較にならないほど

安いものでした。

 

北米に暮らす先住民の言葉に

「早く行きたければ一人で行け。

遠くに行きたければ誰かと一緒に行け」

という言葉があるそうです。

 

早く遠くに行くためにもあなたもコーチとともに進んでいく

ことをお勧めします。

 

 

では、

今日もご機嫌な1日を! 

  

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 

プロ・コーチ福島規久夫のコーチングにご興味が

ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

無料のオリエンテーションをプレゼントしています。

コーチングについてのご質問、ご要望もお聞きします。

 

お問い合わせ先: fukushima@success-cs.com

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

 

 

  

  

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイムマネジメント

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 

プロ・コーチ福島規久夫のコーチングにご興味が

ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

無料のオリエンテーションをプレゼントしています。

コーチングについてのご質問、ご要望もお聞きします。

 

お問い合わせ先: fukushima@success-cs.com

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

こんにちは

プロ・コーチの福島規久夫です。

 

昨日からゴルフの全英オープンが始まりました。

ぼくは大学時代にゴルフ部に所属していたので、

毎年この時期は深夜までTV中継を見入っています。

 

今から10年位前、「サラリーマンの限界に挑戦」しようと思い、

かなり必死になってゴルフに取り組んだ事があります。

 

会社勤めをしながら(当時は外資系銀行のトレーダーとして

働いていました)、どこまでハンディカップを減らせるかに挑戦

するにはまず自分のタイムマネジメントをする事が必要でした。

 

どうやってゴルフを練習する時間を作り出すかを考えると、

仕事を効率化するということに尽きてしまうのですが、

効率化以外にこの時間は仕事をしないと決めるということも

非常に有効でした。

  

まずは決める、

そしてそれは何ためにするか目的を明確にする、

さらにそれをすることで何を手に入れる事ができるのかを明確にする

 

そうすることでタイムマネジメントが非常に上手くいきました。

 

ゴルフ上達でタイムマネジメントは非常に効果がありました。

さらにもうひとつゴルフ上達の決定的な要因がありました。

 

それはなんだったと思いますか?

次のブログでお知らせしますので、皆さんもちょっと考えて

みてくださいね。

 

 

では、

今日もご機嫌な1日を!

  

  

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

溺れるものは藁をも…

こんにちは

プロ・コーチの福島規久夫です。

 

一時続けていたジョギングも腰とひざに負担がかかりすぎてしまったようで、

最近はウオーキングになっています。

大学卒業し、入社した手の頃は炎天下の中でも走り回れるを

キャッチコピーにしていたくらい体力はあったのですが、最近は

走り回るのはちょっときついかも。

 

けれど暑い中でもたくさん歩くことは楽しんでやっています。

軽度の歩き中=歩中=アル中状態ですが、汗をかきながらも

せっせと歩いています。

  

話は変わりますが、

「溺れる物は藁をもつかむ」

という言葉がありますが、確かにこういう時ありますよね。

 

苦しいとき、もがいているとき、人は夢中になるあまり自分が何を

つかんでいるのかわからなくなるときがあります。

 

コーチは藁をつかんでおぼれかけているクライアントさんに対して

どんなアプローチをする事ができるでしょうか。

 

ひとつは、フィードバックをする事ができますね。

客観的な事実をそのまま伝える事ができます。

「おおぼれている状態であるのに、今役に立たない藁を

つかんでますね」と伝える事ができますよね。

 

そのフィードバックを受けて

「あっ、いまつかむべきはわらじゃない」

と気づくことでしょう。溺れているような必死の状況では

自分がどんなことをしているのかわからないことが多々ありえます。

 

本来到達したいゴールに向けて、備え付けるべきツールは

浮き輪であるのに、藁をつかんでしまっている。

余裕が持てないときにはそれに気がつかない。

 

頭ではわかっている。冷静に考えてみれば当たり前の事が

できなくなる。そのことでゴールへの到達が遠回りになるので

あれば、コーチはその瞬間を逃さず効果的なフィードバックを

することが不可欠ですね。

 

 

 

 

では

今日もご機嫌な1日を!

  

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 

プロ・コーチ福島規久夫のコーチングにご興味が

ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

無料のオリエンテーションをプレゼントしています。

コーチングについてのご質問、ご要望もお聞きします。

お問い合わせ先: fukushima@success-cs.com

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眼聴耳視

こんにちは

プロ・コーチの福島規久夫です。

 

昨日は、コーチングの勉強会に参加してきました。

参加して持ち帰ってきたことをシェアさせてください。

 

ファシリテーターの方がお話していたことなのですが、

道元禅師の言葉に

「眼聴耳視(がんちょうじし)」

という言葉があるそうです。

 

これは、文字通り「眼で聴き、耳で視る」ということだそうです。

この眼聴耳視を意識してコーチングエクササイズに取り組みました。

 

眼で聴くことを意識すると、目の前で話している相手の方の

姿・表情から言葉以上のものが聴こえてきます。

耳で視るということで、聞こえてくる声からまたは話されている

言葉の意味がその人が醸し出すエネルギーとの一致を

視ることができます。

 

コーチングで「聴く」というスキルの基本ですね。

コーチングはアメリカから輸入されてきたものといわれていますが、

その心は実に東洋的な考え方やあり方が大切にされています。

 

皆さんも一度試してみて下さいね。

 

 

 

では

今日もご機嫌な1日を!

  

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 

プロ・コーチ福島規久夫のコーチングにご興味が

ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

無料のオリエンテーションをプレゼントしています。

コーチングについてのご質問、ご要望もお聞きします。

お問い合わせ先: fukushima@success-cs.com

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年後半を充実させるために

こんにちは

プロ・コーチの福島規久夫です。

     

2009年もちょうど半分ですね。

年初に立てた目標に向けての進捗状況はいかがですか。

 

順調に進んでいる人が更に加速させるために、

後半の巻き返しを考えている人のために、

プロ・コーチ福島規久夫のコーチングを受けてみませんか。

 

7月スタートのクライアントさんを4名、

8月スタートのクライアントさんを5名、募集します。

 

このブログを見てお申し込みくださった方には

プレゼントを差し上げます。

料金、回数等についてもフレクシブルな対応を考えています。

 

ぜひこの機会に認定マスターコーチのコーチングを

受けて下さい。

 

あなたが幸せに成功を実現することを、

全力でそしてこころを込めてサポートします。

 

 

お問い合わせは、↓

fukushima@success-cs.com

までお願いします。

 

 

 

 

では

今日もご機嫌な1日を!

  

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーチング研修

こんにちは

プロ・コーチの福島規久夫です。

     

今日は外資系企業のコーチング研修の講師として

1日頑張ってきました。

 

1日使っても伝えたいことは、時間的に限られてしまい

余すとこなくすべてを伝えることは手放して、どれを残して

どれを捨てるかということを選択しなくてはなりません。

 

一番伝えたいことは何だろうか。

そのためにどこに1番エネルギーを注げばよいだろうか。

 

今日は「コーチングは使える、コーチングを使いたいと

感じてもらうこと。そして、実践してもらえるようになる

ための気づきを与えること。そして、即実践できるスキルを

身に付けてもらうこと。」に集中しました。

 

研修の終わりに参加者それぞれに

「コーチングとは何か」を

明日からすぐ実践できるよう自分の言葉で

定義付けてもらいました。

 

ある方は、

「コーチングとは…

 

我慢すること…。」

 

とお話されました。

 

いいですね!

これって、明日からすぐに実践できそうですね。

 

つい、良かれと思ってアドバイスしていたことを我慢する。

部下の話の途中で口を挟むのを我慢して最後まで聴く。

部下の成長を願って、自分で答を出すための時間を

我慢して待つ。

 

研修の結果、行動変容につながり、パフォーマンスが

向上することを強く願います。 

 

 

では

今日もご機嫌な1日を!

  

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 

プロ・コーチ福島規久夫のコーチングにご興味が

ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

無料のオリエンテーションをプレゼントしています。

コーチングについてのご質問、ご要望もお聞きします。

お問い合わせ先: fukushima@success-cs.com

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「できるといいな」を「やる」に変える

こんにちは

プロ・コーチの福島規久夫です。

    

今日は東京は涼しい1日でした。

今年の梅雨は梅雨らしく雨が降りますね。

雨が降らずに夏場の水不足の原因になるのであれば

こうして雨が降るのも恵みなんですね。

 

先日の研修では、2日間のまとめとして最後に全員から

一人一言の発表をしてもらいました。

 

その際に、

「○○できたらいいなと思います。」や

「△△をしてみたいと思います。」

といった話をまとめる方がいました。

  

そのたびにごとに、

「○○をやります。」

「△△にチャレンジします。」

と言い直してもらいました。

 

よく見ていると「○○できたらいいなと思います。」と言う時の表情と

「○○をやります。」と言い切るときの表情は明らかに違います。

 

はっと何かに気がついたように言い直す人、

恥ずかしそうな顔になって言い直す人、

自分の言葉を噛み締めながら言い直す人。

 

自分の話していることを自分の耳を通して聞いてみる。

そのことで自分に対してどう影響を与えているかがうかがえます。

そこには頭で考えているだけではなく、自分の言葉で

心が動かされているでしょう。

 

学びや気づきを自分事として捕らえ、

それを行動に結び付けていくためには

「できたらいいな」を「やる」に変える必要があることを

感じています。

 

そのためには自分が使う言葉に注意をさせて

自分のこころに届く言葉を選択してもらうことが

良いのでしょうね。

 

 

 

では

今日もご機嫌な1日を!

  

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 

プロ・コーチ福島規久夫のコーチングにご興味が

ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

無料のオリエンテーションをプレゼントしています。

コーチングについてのご質問、ご要望もお聞きします。

お問い合わせ先: fukushima@success-cs.com

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テーマを持つ

こんにちは

プロ・コーチの福島規久夫です。

   

明日から2日間の研修の講師をしてきます。

今回の自分のテーマとして、

「学びをいまに結び付ける」

にチャレンジしようと決めています。

 

研修をしていて、またコーチング・セッションをしていて、

「今回学んだことから何をやり始めますか?」

といったことを質問して

「○○できたらいいなと思います。」や

「△△をしてみたいと思います。」

といった返答がかえってくることがあります。

 

また

「××じゃないかと思います。」

といった答えの場合もあります。

 

これをこのままにしておいていいのでしょうか?

こういった返事には、学びや気づきを自分事として

とらえていない、自分の現場の世界=リアリティーに

結び付けていないことがありありと現れています。

 

学びが絵空事であったり、自分のこととして受け入れることが

できない限りは、せっかく研修で時間を使ったとしても

それが現場活かされる可能性が低くなります。

 

講師&コーチとして、この学びがどう現場で活かされるか

に対してより注意して参加者との関係性をキープすることで、

研修の効果、コーチング・セッションの価値に影響を

及ぼすことでしょう。

 

参加者のいまこの時と研修内容をいかに結びつけ、

行動変容を起こすことに対していままで以上に

明日は注力してみます。

  

毎回テーマを持って研修には望んでいますが、今回は

「学びをいまに結び付ける」

に取り組みます?

 

 

 

今週末のお休みはどんなテーマに取り組みますか?

 

 

 

では

今日もご機嫌な1日を!

  

 

 

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほめるということ

こんにちは、

プロコーチの福島規久夫です。

 

GWはいかがお過ごしでしたでしょうか?

欲求充足、エネルギー充電、リフレッシュ、ストレス解消、

いろんな過ごし方があったと思います。

車で遠出された方は、渋滞で疲労困憊かも…

  

今日はほめるということについて一緒に考えましょう。

コーチングの研修で、「ほめられると嬉しい人は手を挙げて

くれますか?」と聞くと、大多数の方の手が上がります。

続けて、「ほめる事が得意な人?」と聞くと今度は

かなりの人の手が下りてしまいます。

 

ほめることが苦手と考える人たちには、

人をほめるときにわざとらしくなってしまうから、とか

ほめ言葉がみつからない、

といった理由があるようです。

 

過去にほめられたときに相手の過度のほめように

嬉しさよりもしらじらしさを感じてしまった経験から

自分はこうはすまいと、頭の中に刷り込まれて

しまったのでしょう。

 

もしそうであるのなら、頭の中でいろんなことを考えて

のどもとまで出掛かっているほめる言葉を飲み込んでしまう

のではなく、感じたことをそのまま言葉にしたらどうでしょう。

  

ほめられて嬉しい人がたくさんいるにもかかわらず、ほめることが

得意な人が少ないということは、ほめてくれる人はとても

貴重な存在なのです。

 

ほめ慣れていないと、言葉にするのに最初は戸惑いも

感じるかもしれませんが、あなたの心の動きを相手の方に

伝えてみては。

 

そこにはわざとらしさも無理もなく、相手の方の笑顔と

その場の空気感に暖かさが残ることでしょう。

 

 

意識的に人をほめようと思ったときに、なんてほめてみたら

いいかわからない、というようなほめ言葉の量がそもそも少ない

なんてケースもあるかもしれません。

 

Web上にこんなサイトがありました。

http://kakula.jp/homeSalon/

呼ばれたい名前、性別、職業を入力すると、これでもかという

くらいほめ言葉を浴びせてくれます。

 

今まで気がつかなかったようなほめ言葉も発見できるかも

しれません。ほめ言葉のボキャブラリーを増やすにはいいかも。

 

 

ところで、

あなたが今まで1番嬉しかったほめ言葉は何ですか?

では、明日もご機嫌な1日を!

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)