環境

9月6日 チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム@札幌

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロコーチ・福島規久夫のコーチングのお問い合わせは、
fukushima@success-cs.com
までお気軽にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
こんにちは
プロ・コーチの福島規久夫です。
 
今日は9月6日に札幌で開催する
「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」のご案内を
させてください。
 
このプログラムは昨年のICF国際コーチ大会@モントリオールにおいて
「Awakening the Dreamer - Change the Dream」
というタイトルでセッションが実施されました。
 
そのときはビデオ上映がメインの3時間のセッションでしたが、
今回のシンポジウムでは、エクササイズやディスカッションを
付け加え、10:00~17:00のロングバージョンとなっています。
 
ICFでも大変好評だったようですし、これまでに開催している
日本語バージョンでも多くの方から高いフィードバックをいただいて
おります。
 
もともと米国に本拠を置くNPO法人によって開発された
プログラムですが、CTI Japanを創設された榎本秀剛さんを
中心としたボランティアグループで日本語バージョンの作成、そして
プログラムの展開をしてまいりました。
(私もそのボランティアの一人としてかかわらせていただきました。)
 
このシンポジウムは、その目的として
「地球上に住むすべての人が
環境的に持続可能で
社会的に公正で
精神的に充足した
生き方を実現する」
というとことを掲げています。
 
そしてシンポジウムの目標は、参加していただいた皆さんに
「持続可能な環境」「公正な社会」「充足した精神」という
3つの問題を同時に実現することは十分に可能であるということ、
そしてそうした世界を実現するために何かをしたいと感じて
もらうことにあります。
  
そして、プログラム内容を通して、
自分が変化を起こすとはどういうことか
相手の人の変化に影響を与えていくとはどういうことか
小さな変化がとてつもない大きなうねりを作ることができる
人と人がつながっているとは
人の可能性とは
頭だけで考えるのではなく、いかにこころの深いところで受け止めることができるか
根拠のない思い込みをどう扱うか etc
といった大切なことを学べる機会でもあります。
  
東京では述べ300名以上の方がすでにこのプログラムを体験
されていますが、北海道で活躍されている皆さんにもぜひこの
プログラムに参加できる機会を作りたいと思い、札幌での
開催にいたったしだいです。
  
以下案内文を添付しますので、お申し込みをされる
かたはお早めにどうぞ!

  
では、今日もご機嫌な1日を!

↓以下案内文です↓

*◆*━*◇*━*◆*━*◇*━*◆*━*◇*━*◆*━*◇*━*◆*━*◇*
 
      【チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム】へのお誘い
  
              2009.9.6(日)
 
*◆*━*◇*━*◆*━*◇*━*◆*━*◇*━*◆*━*◇*━*◆*━*◇*
 
 
地球温暖化を含む環境の破壊はとどまるところを知らず、
貧富の格差はますます広がり、生きづらさから精神的に
追い詰められていく人たちの数は洋の東西を問わず
日に日に増えています。
 
このような未曾有の試練に直面し、多くの人は次のような
問いを日々自問しているのではないでしょうか?
 
「いったい、何が今世界で起きているのか?」
「そもそも、どうしてこんなことになってしまったのか?」
「これから、どんな可能性があり得るのか?」
「そのために、どこから始めればいいのか?」
 
【チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム】は、
これらの問いに対して、答えを提供するというよりも、
様々な科学的データ、各界の著名人や専門家に対する
インタビュー、心に残る映像、そしてこれらの情報を
より深く体感するための演習などを通じて、一人ひとりが
深く考え、自分なりの答えを見つけていただくきっかけを
提供するための参加体験型プログラムです。
 
このプログラムはPachamama Allianceという、アメリカの
NPO法人が南米アマゾンで昔ながらの伝統的な暮らしを
守り続けている原住民からの呼びかけに応える形で
開発したもので、今かなりの勢いで世界に広がりつつ
あるものです。
 
ぜひこの機会に、上記の問いについてご一緒に考えて
みませんか?
 
 
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆☆☆
  
■日時:2009年9月6日(日)9:30開場 10:00開始 17:00終了
 
   ※内容が盛り沢山なため、時間厳守でお願いいたします。
   また、途中参加・途中退出は原則的にお断りしております
   ので、あらかじめご了承ください。
 
■会場:札幌エルプラザ 環境研修室
      札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ内 2階
      札幌駅北口徒歩3分(地下歩道12番出口からすぐ)
 
■定員:40名
※ 定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。
 
■参加費:3,000円(特別価格・当日、現地にてお支払い)
 
■お申込み: 件名に 「9月6日チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」と
お書きいただき、
    
ecoaching.hokkaido@gmail.com
 
宛にお名前、メールアドレス、携帯番号をご記入のうえ
お申し込み願います。
            
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆☆☆
  
■The Pachamama Allianceとは
 
アメリカ・サンフランシスコに本部を置くNPO法人で、「持続
可能かつ公正な世界の実現」というビジョンを掲げ、 様々な
慈善事業を展開。開発した【チェンジ・ザ・ ドリーム
シンポジウム】は現在、北南米・ヨーロッパ・オセアニア・
アジア・アフリカなど世界中で提供されている。
http://pachamama.org/  (英語)
http://awakeningthedreamer.org/  (英語)
 
シンポジウムの雰囲気が伝わってくる予告編(Trailer)は
以下のサイトで見ることができます。
http://awakeningthedreamer.org/content/view/115/135
 
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆☆☆
 
■ファシリテーター:福島規久夫(ふくしまきくお)
 
大学卒業後、商社・外資系銀行に勤務。
2004年より、幸せに成功できる人と組織と世の中の輪の拡大を
ヴィジョンに持ちコーチングを展開する。
また、研修トレーナーとして外資系企業、本邦大手企業を中心に、
コーチング、コミュニケーション、リーダーシップ等の研修を行う。
  
(財)生涯学習開発財団認定 マスター・コーチ
国際コーチ連盟 プロフェッショナル認定コーチ
 
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆☆☆
 
■主催:エコーチング北海道
 
中川純子、澤田涼子、塚田康祐、宮田ゆかり、後藤田邦彦
 
ご連絡先: ecoaching.hokkaido@gmail.com 
 
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆☆☆
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

環境とビジネスの両立

こんにちは

プロ・コーチの福島規久夫です。

 

皆さんはパタゴニアという企業をご存知でしょうか?

アウトドアウェアを主に製造販売している米国生まれの企業で

環境に配慮した製品を世に送り出しています。

パタゴニアのHPはこちら↓

http://www.patagonia.com/web/jp/home/index.jsp?OPTION=HOME_PAGE&assetid=6297 

  

今日はそのパタゴニアの環境担当ディレクターの方のお話を

聞いてきました。環境とビジネスの両立というテーマでしたが、

面白い話がありましたのでシェアします。

 

パタゴニアは全世界での総売り上げが300億円の企業で、

主にアパレルを主製品としています。

そのミッションとして、

「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を

最小限に抑える。

そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、

解決に向けて実行する」

を掲げ、ビジネスと環境の両立を実践し続けているそうです。

 

昨年パタゴニアの経営トップがウォルマートに招かれ、環境と

ビジネスをどのようにしてどのようにして両立してきたかについて、

ウォルマート社員の前で講演をしてきたそうです。

 

ウォルマートは売上高40兆円という世界No2の企業

(ちなみに国家予算が40兆を超える国は10国しかないとか)で

世界最大の小売流通業者ですが、

パタゴニアから影響を受け、商品の仕入れに際して独自の環境基準を

設けて、店頭販売時に「このコップの環境基準は10点満点中7点です」

といったような表示をすることに決定したそうです。

 

↑このようなことが実際に起こってくると、環境に配慮していない製品を

製造している企業は、店頭でその製品が消費者の目にさらされることに

なるため企業努力が加速されることでしょう。

 

日本では食の安全に注目が集まっていますが、たとえばTOYOTAや

PANASONICといった巨大企業が環境に配慮した企業から部品調達を

優先するというような方針が示されたとしたら環境に対して大きな

波が起こりそうですね。

 

環境問題に関しては今から4年間の間で決定されることが、

その後の100年の大きな流れを決定付けるといわれています。

つまり、この4年で環境問題で変化を起こさなければ

100年後の地球は間違いなく深刻な状況に追いこまれる

ということです。

 

この変化を起こすのは政治や巨大企業だけの問題ではなく

僕たち一人ひとりの意識と行動の変化が問われているのだと

考えています。

 

あなたの孫の孫がこの地球で健やかに暮らしていくために

今あなたは何をしますか?

 

 

 

では、

今日もご機嫌な1日を! 

  

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 

プロ・コーチ福島規久夫のコーチングにご興味が

ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

無料のオリエンテーションをプレゼントしています。

コーチングについてのご質問、ご要望もお聞きします。

 

お問い合わせ先: fukushima@success-cs.com

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (1)